ここが違うよ古谷商店

古谷商店とは?

古谷商店は町工場のメッカ、東大阪市にある金属屑のリサイクル専門企業です。

創業60余年、3代目の現社長である古谷康夫を中心とした総勢7名のスタッフが日々サービスを追求しております。
笑いあり、涙あり、従来のスクラップ屋のイメージを根底から覆す底抜けに明るい社風で多くのお客様に信頼して頂いております。

出入りしているスクラップ屋さんに不満がある方、特にこだわっていらっしゃらない方
一度古谷商店とお付き合いしてみませんか?

持ち込み・引き取り、どちらも大歓迎!

持ち込み・引き取りどちらも大歓迎
スクラップ屋と言っても、規模も違えば専門に扱う金属種があったりと、様々な事業形態が存在します。
トラックを保有せず、荷受ヤードだけを構える持ち込み専門の業者もあれば、逆にトラックのみで営業している引取専門の業者も沢山あるのです。

古谷商店が考えるサービスの一つが幅広いご要望にお答えしていくということです。
軽トラックから4tユニック車、ダンプなど保有車両も多種にわたり、幅広い引取のご依頼に対応できる体制を整える一方で、トラックスケールを完備した持ち込みヤードも構えております。

また、取り扱う金属の種類も豊富。
様々な種類の金属を加工する会社様は、当然スクラップの種類も多種に渡ります。
それぞれの金属ごとに売り先を分ける必要はございません。
古谷商店ではあらゆる金属を一括で引き受け、専門店に負けないサービスをご提供しております。

小規模・少量から、大規模・大量まで、臨機応変に対応させていただきますので、お気軽にご相談ください!

持ち込み荷受け業務  建築・設備現場引き取り業務

手積みのダライ粉なんのその!

手積みのダライ粉なんのその
古谷商店の得意な品目として、ダライ粉(キリ粉)と呼ばれる切削屑があります。
工場の排出環境によって様々な保管形態があるダライ粉の取り扱いには多くのノウハウを必要とします。

スクラップ屋の中でもダライ粉屋と分類されるほど、専門性もあるダライ粉。最近は鉄製の容器で保管し、クレーンやフォークリフトで積み込むだけの工場も増えてきましたが、昔ながらにバラ置き保管している工場もまだまだ多く残っています。

創業時からダライ粉を中心に取り扱って来た古谷商店では、重労働を伴う手積みのダライ粉の引取にも笑顔で対応させていただきます。

製造工場引き取り業務

3S活動の強い味方!

整理・整頓・清潔、3Sと呼ばれるこれらの活動は企業のステータスとして重要な意味を持っています。

金属スクラップも資源として取り扱われる一方で、企業に取っては廃棄物という側面も持ち合わせています。
金属スクラップについて分別の基準や保管し方などがよくわからないというお客様の声を受けて、弊社では様々なアドバイスを行っております。
分別
金属くずを資源としてリサイクルするにあたって、複数の金属が混ざり合い、分解・選別が不可能な状態になってしまうと、リサイクルすることが出来なくなるばかりでなく、産業廃棄物として費用をかけて処分しなければならなくなります。
スクラップを適切に管理して頂く事で、資源としての価値が高まり、出費を収入に変化させることも可能となってきます。
そうした作業が企業の3S活動の推進に貢献するだけでなく、3R活動と呼ばれる【Reduse(減容)・Reuse(再利用)・Recycle(再資源化)】につながり、CO₂の排出量を削減でき、自然環境に配慮した未来型の企業の姿を実現することになります。
3s3r
また、金属くずのお取引があるお客様にはついては、金属にとどまらず、その他の産業廃棄物の処理方法についても様々なアドバイスをさせていただいております。

古谷商店は常にお客様と一緒になって考える企業を目指しております。
そして廃棄物処理の駆け込み寺として常にお客様に寄り添って参ります。

廃棄物処理のアドバイス

会社概要

LINEで送る
Pocket