【銅相場情報2015.2.25】エナメル銅線とは?

【銅相場情報2015.2.25】エナメル銅線とは?

【本日の銅建値は74万円】1tあたり1万円の上がり⤴

おはようございます☆
有限会社古谷商店の岸本です。

2月は単発の現場のお仕事が多くなっています。
日本経済も少しは活発になってきているんですかね?(^▽^)

さてさて、今日のお写真はエナメル線と呼ばれている銅線のスクラップです。
ということで、ちょっとエナメル線についてお勉強いたしましょう♬

【エナメル線とは?】

エナメル線とは、一言でいうと絶縁のためにエナメル皮膜を焼き付けてある銅線になります。
スクラップとしては皮膜が不純物となりますので、並銅クラスの価値ですね。

ちなみにエナメルとは材質のことではありません。
透明の薄い皮膜を焼き付ける行為の総称ですので、材質としてはポリウレタン、ホルマリン、ポリエステルなど様々なものを使っています。
それらを全部ひっくるめてエナメル線と呼んでいるわけです☆

スクラップとしては、トランス(変圧器)の中にあるコイルなどで接する機会が多い品物です。
今回の写真は、製造過程から発生する端材でしたので、細かいエナメル線のスクラップでした。
見た目はまるでベビースターラーメンのようですね(笑)・。。。

古谷商店ではそんなエナメル線君も買い取りしておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね(^▽^)

============================
取扱品目・古銅、エナメル線のページはこちら
古谷商店【Facebook
古谷商店【Google+
============================

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です