【銅相場情報2015.4.9】アルミと銅のスクラップ、ラジエターにフォーカス!

【銅相場情報2015.4.9】アルミと銅のスクラップ、ラジエターにフォーカス!

【本日の銅建値は77万円】1tあたり1万円の上がり⤴

1万円刻みで上がったり下がったりの銅建値ですね(^▽^)
1万円でも上がるとちょっと嬉しいものです☆

さてさて、今日のお写真はアルミと銅でできたラジエターでございます。
今回はラジエターについて少し書いてみたいと思います。

今回の写真のラジエターはクーラーなどの空調機器から取り外したスクラップですが、こちらも銅を含むスクラップとして銅相場の影響をうける品物になります。
車用のものになると、アルミだけで出来ているものや、銅と真鍮で出来たものなど、様々な種類のラジエターがあります。

スクラップの世界で「ラジエター」とえば一般的には写真のような銅とアルミのラジエターを指します。
評価の基準は鉄等の不純物が残るのか、銅とアルミだけの状態なのかが重要なポイントです。

銅とアルミのラジエター

上の写真はラジエターの側面をアップで写したものですが、こちらは銅のパイプ部分の根本に鉄の補強が入っています。
いわゆる「ラジエター鉄付」という品物になってしまいます。

この鉄を除去すると評価は上がりますが、この鉄を取る作業がなかなか大変なのです・・・

構造をみていただければわかりますが、鉄に開いた丸い穴に銅のバイプを通してあって、抜けない様に銅の先が広がっています。
ですので、根本で綺麗に銅を切断するなどしてから、ハンマーなどで叩いて鉄を抜く必要があります。

鉄がついたままで売るか、外すかどうかはお客様次第となりますが、大抵は鉄がついたままでお持ち込みいただく事がほとんどですね。(^▽^)

これから空調の入れ替えも増えてくるでしょうし、ラジエター君のシーズンがやってきますね☆

本日もよろしくお願いいたします!!

============================
取扱品目・アルミラジエターのページはこちら
古谷商店【Facebook
古谷商店【Google+
============================

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です