神戸市某所、活版印刷機と活字スクラップを撤去してきました!(^▽^)

神戸市某所、活版印刷機と活字スクラップを撤去してきました!(^▽^)

東大阪市のスクラップ屋、古谷商店です☆(^▽^)

先日、神戸市某所まで活版印刷機1台と、活字のスクラップを撤去するお仕事がありましたので、レポートさせていただきます☆

自宅で活版印刷業を営んでいた方が廃業することになり、その娘さんからお問い合わせ頂きました。
機械は1台、自宅兼作業所というお話で、活字も一緒に処分したいとのこと。

今回の案件、LINE@の問い合わせ窓口からのご相談でした。(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!
(古谷商店LINE@について詳しくはこちらをクリック☆)

場所は弊社から遠かったのですが、まずは見積のための下見に行くことになりました。
 

先ずは現場の下見から

 
こちらが下見の時に撮影してきた写真です⬇

神戸市某所、活版印刷機COMETN300と活字スクラップを撤去してきました!(^▽^)
(※ご依頼主様より、匿名であればブログに掲載してもよいと許可をいただいております。)

 
自宅の一階が作業所になっているというパターンはよくありますが、今回はなんとリビングの一角に機械が・・・
コルクボードを敷いて、オイルパンを置き、その上に機械が鎮座していました。

床を傷つけず、窓枠も壊さず、リビングからガレージに出る窓から機械を搬出しないといけないという状態ですね・・・・(^ー^;)

搬出方法は色々試行錯誤が必要でしたが、ご依頼主様も頼めるところがなくお困りでしたので、なんとか力になりたいという気持ちが大きくなりました。

活字の方も下の写真ような感じで自宅内にあり、鉄製のラックや、木の棚もまとめて処分して欲しいとのことでした。⬇

神戸市某所、活版印刷機と活字スクラップを撤去してきました!(^▽^)
神戸市某所、活版印刷機と活字スクラップを撤去してきました!(^▽^)
神戸市某所、活版印刷機と活字スクラップを撤去してきました!(^▽^)
 
取り敢えずは一旦会社に帰って、搬出方法について作戦を練りました。
その後、お見積を提示させていただくと、快く弊社にご依頼いただけることになりました♬(^▽^)
あとは計画通りにうまく搬出できるかどうかの勝負です☆

いよいよ現場での搬出作業!

さて、いよいよ現場作業の当日☆
今回はトラック2台と平田さん、駿、翔の3人で作業に当たりました(^▽^)

まずはコンパネなどを使って壁や床を傷つけないように保護してから、機械を置いてあるリビングの間口の高さにトラックのパワーゲートをピッタリ合わせます。
リビングとパワーゲートを渡すようにスロープを作り、チェインブロックを使ってウィンチの要領で荷台に引っ張り上げました☆

言葉で説明するのは難しいので、写真で見てみるとこんな感じです⬇(^ー^)

神戸市某所、活版印刷機と活字スクラップを撤去してきました!(^▽^)

コルクボードとオイルパンとの間に機械幅にカットした鉄の丸棒を差し込んで車輪の代わりにすることで、オイルパンごと引っ張ることができました☆
ピラミッドの石を引っ張って運ぶエジプト人のようなイメージの原始的な方法ですね(^ー^)

印刷機の撤去が済んでしまえば、あとは活字や、ラックなどを手作業で運び出すだけです。
手こずるかもしれないと想定していた印刷機がすんなり搬出できたことに加え、ご依頼主様が事前に機械の周りを片付け、ガレージの自家用車を移動してくれていたことで、思っていたよりも素早く作業を終えることができました。
ご協力、本当にありがとうございます♬(^▽^)

神戸市某所、活版印刷機と活字スクラップを撤去してきました!(^▽^)

神戸市某所、活版印刷機と活字スクラップを撤去してきました!(^▽^)

こうして持ち帰ってきたスクラップたちは、金属ごとに分別してリサイクルされていきます。
 

今回持ち帰ったスクラップをあらためて見てみよう!

今回の引取では「COMET N300」という活版印刷機が1台と活字が主な金属スクラップでした。
機械はほとんど鉄でできていますので、鉄スクラップとして処理されていきます。
活字に関しては鉛でできているものと亜鉛でできているものがあるので、選別作業が待っています。

この活字の選別が時間も手間もかかって、なかなか大変なのです…(^ー^;)

神戸市某所、活版印刷機と活字スクラップを撤去してきました!(^▽^)
神戸市某所、活版印刷機と活字スクラップを撤去してきました!(^▽^)
神戸市某所、活版印刷機と活字スクラップを撤去してきました!(^▽^)
神戸市某所、活版印刷機と活字スクラップを撤去してきました!(^▽^)

毎回思うのですが、活字のスクラップは見ていて本当に面白いです。
金属の素材だけが勝負のスクラップ屋とはいうものの、ついつい自分の名前の文字が無いか探してしまいますね☆

なぜか、今年に入って印刷機械を撤去してほしいというご依頼が増えてきています。
こないだは札幌の会社様から活版印刷機5台と、たくさんの活字を撤去して欲しいという問い合わせもありました。
さすがに札幌まで行けないので、お断りしたのですが・・・ご指名は非常に嬉しいですね☆(^ー^)

というわけで、今回は活版印刷機と活字スクラップの引取作業をレポートさせていただきました☆
ご依頼者様にも快くブログ掲載を承諾していただき、本当に有り難いです。
この記事が同じようなことで悩んでいる方に届くといいな〜っと思っております(^▽^)

その時には、ぜひぜひ古谷商店までお問い合わせ下さい☆

また、記事が面白かったという方は、下のSNSボタンでポチッと拡散お願いいたします!

→■ 買取品目【活字鉛】のページはこちら

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です