【銅建値情報 2022.2.9】1tあたり1万円上がりの119万円に改定⤴

【銅建値情報 2022.2.9】1tあたり1万円上がりの119万円に改定⤴

東大阪のスクラップ屋、古谷商店が2022年2月9日の銅建値をお知らせします☆(^▽^)

【2022年2月9日の銅建値は119万円】1tあたり1万円の上がり⤴

銅建値とは何かについては、別記事で詳しく書いていますので、そちらも併せて御覧ください⬇

北京オリンピックが始まって、毎日スポーツ三昧のブログ担当岸本です(^ー^)
なんだかんだ言ってもオリンピックはワクワクしますね☆

銅相場は1万円上がり。
予想では現状維持で変動無しかな〜と思っていたのですが上がり発表となりました。

鉄も一旦下げ止まった感じで、輸出向けの動きは結構強気とききましたからまた少し上がることもあるかもしれませんね。
アルミに関しては自動車向けの二次合金地金が売れない状況で、ダライ粉などの裾物は下がり、印刷版などの上物は上がりという動き。
社会状況の影響をダイレクトに受ける金属業界は諸々反応が早いですね(^ー^;)

本日もよろしくお願いいたします!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。