大きな鉄スクラップ入荷☆リサイクルはどうなるの?

大きな鉄スクラップ入荷☆リサイクルはどうなるの?

皆さん、バレンタインデーの週末はいかがお過ごしだったでしょうか?
今日から新しい一週間が始まり、古谷商店は本日も元気に営業中です☆

日々、様々な金属スクラップを取り扱っておりますが、たまには鉄のスクラップのお話をさせていただきます。(^▽^)

写真のスクラップは鉄でできているのですが、一体なにかというとバスの洗車機です。

解体されて横倒し状態になっていますが、本来は地面から立ち上がっていたものです。

こういった大きなスクラップは、このままの大きさだとリサイクルできません。
なぜかと言うと、スクラップを熔かして再生する大きな釜に入らないからです。
我々の間ではオーバーサイズと呼ばれており、ガス切り(溶断)や油圧式の巨大な金属切断機(ギロチン)などで二次加工する必要があります。
つまり、スクラップは熔かす釜に入るサイズ(インサイズ)まで小さくして初めて生まれ変わることができるというわけです(^▽^)

当然のことながら価格としては二次加工が必要な分、安めになってしまいます。
大型の機械類や、長いままの鉄筋、H鋼、チャンネル材や、バー材も二次加工が必要なオーバーサイズになります。

スクラップの価格とは素材が何であるかと同様に、サイズやリサイクルに必要な工程などによっても上下するということを覚えておいてくださいね☆

今日は鉄スクラップから始まって、オーバーサイズについて書いてみました。
本日もよろしくお願いいたします!!

============================
取扱品目・鉄スクラップのページはこちら
古谷商店【Facebook
古谷商店【Google+
============================
 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です